膵臓癌で助かった父が糖尿病になったその後の記録

以前、膵臓癌を早期発見して助かった父の話を書きました。手術から4年目に軽度の糖尿病になり、毎日朝昼晩に血糖値を計り、朝はインシュリンを打っています。膵臓がほとんどないので糖尿病になるのは、医師から言われていたことです。軽度の糖尿病になってからのことや血糖値をコントロールできるようになったと言っている父の話を書きますので、同じようなことで悩んでいる方の何かのヒントになればと思います。

スポンサーリンク

 

毎日していること

糖尿病と診断されてから、毎日朝昼晩に血糖値を計ります。計り方は、専用の針を指にさして少し血をだします。その血に血糖値を計る機械をあてて計ります。

朝は、お腹のあたりにインシュリンの注射をさします。2種類あるようです。

この様子をみていると痛いだろうなと思って辛くなります。

そして朝昼晩に色んな種類の薬を服用しています。

 

血糖値の目安は?

血糖値の目安は150くらいと指導があったようです。でも300を超えるときもあるし、70に近いときもあります。父は、低血糖もあります。血糖値が低いときはフラフラして倒れそうになると言っています。実際に倒れたこともありました。

 

順調だった血糖値が急に300台になり下がらなくなった原因

糖尿病になってから父は食生活を特に重視していました。ご飯を食べる前には、キャベツの千切りや玉ねぎのスライスをゴマドレッシングで食べています。

あと、毎日酢の物を食べていました。

しかし、今年の7月頃から体調が悪くなり寝込む日々が続きました。本人もやる気がなくなり気力もありませんでした。血糖値を計っても300台ばかりなのでそれも原因のひとつでした。

ある日、父が「酢の物を飽きて食べなくなったから血糖値が上がったのかも」と言い、その日からまた酢の物を食べはじめると血糖値が安定してきたのです。たまに、70や300のときもありますが・・・でも安定してきたので父も元気になりました。

酢は、血糖値の上昇を抑える効果があるといわれているので、酢の物はよかったのかもしれません。

 

血糖値をコントロール!?

先日、父が「血糖値をコントロールできるようになってきた」と話していました。父は、母が仕事で留守のときは自分でご飯の準備をします。だから、これを食べたら上がりすぎたとか、血糖値が低いときにこれを飲んだら正常になったなど日々自分の体と食べ物と向き合っている結果だと思います。

この前言っていたことは、

低血糖のときは、医師にはブドウ糖をすすめられているようですが、無かったのでコーラーを飲んだとか栄養ドリンクを飲んだら落ちついたといってました。

また、上がりすぎるときはパンやご飯を少し食べすぎたとき、あとはバナナなど。パンは特に上がるらしく、パンは食べなくなりました。

 

健康の秘訣

膵臓癌になっても糖尿病になっても元気に生活している父をみていて私が感じた5つのことは、

①食生活は大事

父をみていると、食事の大切さを感じます。毎日、決まった時間に食べ、栄養のあるもの、野菜や果物重視の食事を心掛けています。

②自分の時間や趣味を持つ

自分の趣味の時間を持つことはとても良いことだと思います。父は、庭にお花や野菜を植えて育てたり、メダカを育てたり、ペットの犬の世話をしたりしてます。身体を動かすので運動にもなっていると思います。

③ストレスをためない

父はかなり短気で、すぐイライラして怒ります。イライラはストレスにもなるので、本人も気にしてイライラしないように自分の思い通りにならないことは諦めるということを覚えたようで、昔ほど怒らなくなりました。イライラして怒ったときは血糖値も上昇しています。

④自分で体を大切にする

自分の体のことは自分にしか分かりません。調子が悪いときは休養をとって無理をしないことは大切だと思いました。自分の体を大切にして向き合っていないと体の声をキャッチ出来ずに見過ごしてしまうこともある思います。健康が一番です。

⑤病は気から

父をみていて一番思うことです。気分が落ちると体調も悪くなって寝込むし、前向きになり活発になると血糖値も安定して体調も良い。

 

食生活を見直し

健康維持には、毎日の食生活は基本です。当たり前のことですが、中々規則正しい食生活を続けていくのは難しいことです。仕事をしていたり子育てが大変だったり、毎日の生活に追われていると栄養バランスを考えて料理を作るのも大変なことです。そんな人は、宅配弁当サービスの<宅配弁当彩ダイニング>
などを利用するのも良いと思います。ちなみに、<宅配弁当彩ダイニング>は、糖尿病や腎臓病など食事療法が必要な人にはおすすめです。栄養士が監修した献立で栄養相談もできるので良心的!

でも、自分に合うか合わないかは大切なことなので、お得に試せる「おためし」をはじめは利用してみて、よかったら続けてみるっていうのが良いかもしれないですね。


スポンサーリンク