暑さに負けるな!夏バテ対策!

暑い日が続いているからといって、アイスクリームや冷たい飲み物をとりすぎてませんか?夏バテをしないようにするには、食生活がとても大切です。夏バテ対策出来てますか?

スポンサーリンク

 

夏バテの原因

夏バテは、体温調節機能が気温の変化に対応できずに自律神経が乱れて体調を崩してしまうこと。夏バテは、自律神経の低下が主な原因になります。暑い屋外とエアコンで冷えきった室内の温度差が5度以上で、そこを何度も行き来すると体温調節機能が変化に対応てまきずに機能が低下して自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると内蔵の機能も低下してしまい食欲不振になり栄養不足になります。それにより、体調を崩してしまいます。

また、暑いとアイスクリームや冷たい飲み物を多く摂りすぎてしまいます。そうすると、内蔵を直接冷やしてしまい、血流が悪くなり体調不良になります。また、胃の消化酵素の働きも低下するので消化不良や食欲不振になります。他にも、暑さで沢山汗をかくとミネラルなどの栄養素も汗と共に排出してしまい、体内のミネラルバランスが崩れ疲労感が生じる原因になります。

 

夏バテの症状

夏バテには以下のような症状があります。

  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 立ちくらみ
  • むくみ
  • 微熱
  • 無気力
  • 便秘
  • 下痢 など

 

夏バテ対策

  1. 食欲がなくても1日3食きちんと食事をとりましょう。肉や魚、卵などのたんぱく質、野菜や果物などバランスを考え食事を摂ることを心掛けるようにしましょう。量より質を考えた食事を。
  2. ビタミンB1が不足しがちになるので積極的に摂るよう心掛けましましょう。うなぎ、豚肉、玄米、大豆、ごまなどの食品にはビタミンB1が豊富に含まれています。
  3. クエン酸は、疲労回復や食欲増進にお役立ちです。レモンや梅干し、オレンジなど。
  4. こしょう、生姜などの香辛料やシソ、ミョウガなどの香味料は食欲を増進させてくれます。
  5. 水分をこまめに補給しましょう。
  6. 適度な運動を心がけ、規則正しい生活をしましょう。
  7. 十分な睡眠をとりましょう。

夏バテ対策は、睡眠、適度な運動、そしてなにより食事がとても大切です。夏は暑くて食欲がなくなりがになりますが、栄養を効果的にバランスよく摂る食事は大事です。冷たい飲み物をガブガブ飲んだり、食欲がないからといって偏った食事をして栄養不足にならないように気をつけてください。そんなことをしていると、ますます夏バテしてしまいます。

スポンサーリンク