どうしてあなたのオナラは臭いのか?

生理現象の「オナラ」は、誰でも起こる現象ですが、回数が多すぎたり、臭かったりと悩んでいる人も多いようです。オナラが臭くて悩んでいる人や多くて悩んでいる人に、どうして「オナラ」が臭くなるのか、多くなるのかをまとめてみましたので、読んでみてください。

スポンサーリンク

 

オナラの成分

オナラは、口から飲み込んだ空気や腸内で発生したガスが混ざり合ったものです。口から飲み込んだ空気は、胃の中で一時的にとどまります。そして、口に戻されたものは、ゲップとなり外へ排出され、腸へ送られたものが、オナラとなって排出されます。

また、食べ物のカスが、腸で細菌によって分解され発生するガスもあります。

オナラの約70%は、食事や会話をしている間に無意識に口から飲み込んでしまう空気です。

 

臭いの原因

オナラの主成分は、窒素・水素・酸素・炭酸ガスで無臭のガスです。では、悪臭のオナラの正体はなんでしょうか?

腸では、食べ物を消化・吸収する働きがあり、そこで細菌によって分解されてガスが発生します。そのときに、悪臭をもつガスが発生することがあります。

悪臭のガスが発生する理由の1つは、食べ物の種類が関係してます。ニックやニンニクなどは、アンモニアやインドール、硫化水素などの悪臭のあるガスを発生させます。

食べ物の種類のほかに、胃腸の調子が悪いときや便秘のとき、ストレスなども悪臭の原因になります。

 

回数が多くなる原因

健康な人であれば、1日に10回程度はオナラをしています。 オナラが多くなる原因は、

・肉類など動物性食品の摂りすぎ

・炭酸飲料の飲みすぎ

・よく噛まずに早食い

・睡眠不足

などがあげられます。これらは、食生活や生活習慣で改善されます。

しかし、「呑気症」というストレスを感じると無意識に空気を多く飲み込んでしまい、ゲップやオナラが出やすくなる病気があります。原因は分かっていませんが、ストレスを溜め込みすぎないように気を付けることや空気を飲み込みすぎないように意識することが大事です。

他にも腸などに炎症が起きる「クローン病」があります。オナラの回数が多く腹痛や下痢などの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう。

 

オナラは我慢しない

オナラは我慢せずに排出することは大切なことです。では、我慢して体外に排出されなかったオナラは、どこへいってしまうのでしょうか?

体外に排出されなかったガスは、腸壁から吸収されて、血液に溶け込んでしまいます。そのガスが溶け込んだ血液が肺まで入ると口臭の原因になることもあります。

また、腸の活動が鈍くなったり、便秘などの原因にもなりますので、我慢は禁物です。

スポンサーリンク