生理痛が辛い!そんなときの改善法

生理痛といっても、痛みの度合いや症状は人それぞれです。ほとんど違和感がない人もいれば、学校や会社を休むくらいひどい人もいます。どうして生理痛が起こるのでしょうか?そして、生理痛を緩和する方法はあるのでしょうか?今回は、生理痛についてまとめましたので、生理痛で悩んでいる方は読んでみてください。

スポンサーリンク

 

生理痛の原因は?

生理になると、子宮内膜からプロスタグラウジンというホルモンが分泌されます。プロスタグラウジンは、子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに体外へ排出する働きがあります。
そのプロスタグラウジンが何らかの理由により過剰に分泌されることによって、子宮の収縮が過剰になり生理痛がおこります。
他にも、子宮の出口が硬く狭いことで経血がスムーズに外に流れないことでおこる痛みもあります。
これは、出産を経験していない若い女性に多いです。出産を経験すると、子宮の出口が広がるために生理痛が軽くなる場合もあるようです。
また、冷えやストレスによる血行の悪化でおこる生理痛もあります。
しかし、生理痛がひどい人は、子宮筋腫や内膜症などの病気の疑いもありますので、婦人科を受診した方が良いです。

 

生理痛を改善する方法

体を冷さないようにする

冷えは血行を悪くするので、体を冷さないように気をつけたり、飲み物も冷たいものではなく、温かい飲み物にしたりしましょう。
また、腰やお腹にカイロをあてて、下半身を冷さないようにすることも良いと思います。

ストレスを溜め込まない

ストレスは自律神経のバランスを崩し、血行を悪くしてしまいます。ストレスを溜め込まないように気をつけたり、適度な運動を取り入れてストレスを発散させましょう。

バランスの良い食事や睡眠をとる

やはり、バランスの良い食事をきちんと摂ったり、睡眠をきちんととることも基本的なことですが、大切なことです。
【生理痛を緩和してくれる食材】
納豆やヨーグルトなどの発酵食品やじゃがいもや人参、玉ねぎなどの土の中で育った食べ物は、体を温めてくれます。また、ニンニクや生姜も良いです。

生理痛がひどいととても辛いですよね。ひどい場合は、一度婦人科を受診されることをおすすめします。若い人は、婦人科に行くのに抵抗がある方も多いと思います。しかし、近年では子宮筋腫や子宮内膜症などの病気の女性が多いのも事実です。私も腹部のエコー検診で子宮筋腫がみつかりました。私の友達にもどちらかの病気を持っている人が何人かいます。それだけ、女性にとっても身近な病気ということです。私の場合は、手術で筋腫をとりました。それから、随分と生理痛は改善されたように思います。以前は寝込んでいましたので・・・もちろん、妊娠することも可能とのことです。子宮筋腫を放置していた方が不妊の原因になると医師はおっしゃっていました。なので、悩んでいる方は受診することをおすすめします。

スポンサーリンク