激痛がおこる膵炎。膵臓自体が消化する!?

急性膵炎になる原因でもっとも多いのが、アルコールです。お酒を飲む人は、肝臓だけではなく、膵臓も気をつける必要があります。膵炎についてまとめましたので、特にお酒をよく飲む人に読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

 

膵臓の働き

膵臓は、胃の後ろ側にある細長い臓器です。食べ物を消化する膵液を作り、十二指腸に送り出したり、血液中の糖分を調整するホルモンを作り、血液の中に送り出す働きをしています。

 

急性膵炎の症状

急性膵炎は、膵臓で作られた膵液に含まれる消化酵素によって、膵臓自体が消化し炎症を起こす病気です。

また、膵臓が何度も炎症を起こすと、細胞が壊れて膵臓が硬くなり、慢性膵炎になるので注意が必要です。もちろんそうなると、膵臓の働きも失われていきます。

急性膵炎の初期症状は、腹部の上部あたりに激しい痛みがあります。その他にも吐き気や嘔吐、発熱や背中の痛みなどがあります。腹部の激痛は、持続的に起こります。

このような症状がみられるときは、早めに受診しましょう。

 

急性膵炎の原因

急性膵炎の原因で一番多いのが、「アルコール」で特に男性に多いようです。女性は「胆石」によるものが多いようです。

他には、遺伝や体質なども考えられるようですが、まだ解明されていないようです。

 

急性膵炎の予防

  • アルコールの量や回数を見直す
  • 暴飲暴食は避ける
  • 揚げ物や高脂肪食の摂りすぎに気をつける

急性膵炎で一番多い原因はアルコールです。毎日飲んでいる人や飲み過ぎていると思う人は、飲む量を減らしたり、休肝日をつくったりと心がけましょう。また、脂肪の多い食事や暴飲暴食は膵臓にかなり負担をかけてしまいますので、腹八分目にしたり食生活にも気をつけましょう。

急性膵炎で命を落とした人もいます。膵炎だからと軽く考えずに気になる症状があれば、医療機関を受診してください。

スポンサーリンク