低体温は病気になりやすい!?体温をあげるには?

自分の平熱を知ってますか?健康な人の平熱は、36.5~37度くらいといわれています。私も昔は体温が低い方で、よく風邪をひいていました。しかし、今は、36.7度くらいで年に1回風邪をひくくらいです。私が体温を上げるためにしたことなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

低体温の原因は?

最近は36度以下の低体温の人が増えています。低体温の原因としては、運動不足による筋肉量の低下、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスによる血行不良や自律神経の乱れ、冷たい飲み物や食べ物、糖分の摂りすぎ、冷暖房による体温調節機能の低下などがあげられます。

 

低体温が及ぼす影響

低体温は、血流も悪く、免疫力も低下し病気になりやすくなります。また、体温が35度になるとガン細胞が活発になるともいわれています。
そして、体温が1度下がると免疫力が30%も低下します。
風邪をひいたときに熱がでるのは、熱に弱いウイルスの増殖を防ぐためと、ウイルスをやつける白血球とマクロファジーなどの働きが活発になるためです。熱のひきはじめの悪寒は、筋肉をブルブル震わせて体温を上げているのです。体温を上げることで、ウイルスの活動を弱め、免疫力を上げようとしているのです。このように、体温を上げることにより体を守っているのです。
他にも、基礎代謝が下がります。基礎代謝は、人間が呼吸や食べ物の消化・吸収・排出など生命活動を行ううえで消費するエネルギーです。そして、体温を保つのにも基礎代謝は使われます。ですから、体温が高いほど基礎代謝の消費も高くなるわけです。
基礎代謝が下がるということは、消費するエネルギーが少ないので、太りやすい体になります。

 

低体温改善法

  • ウォーキングなど適度な運動をして筋肉を鍛えましょう。
  • お風呂にゆっくり浸かりましょう。
  • 寒い季節は、腹巻きやカイロで体を冷やさないようにしましょう。
  • 冷たい飲み物は、控えましょう。
  • 甘いものは体を冷やすので控えましょう。
  • 季節の野菜を摂りましょう。

スポンサーリンク