ダイエット成功!?体のリズムを利用して美ボディへ

女性には、排卵や生理があり女性ホルモンの働きによって様々な症状があります。その女性ホルモンの働きを上手く活用することでダイエットを成功に導きましょう!

スポンサーリンク

 

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

卵胞ホルモンのエストロゲン

エストロゲンは、生理後から排卵前までに多く分泌されます。女性らしい体を作ってくれるので、髪に潤いを与え、肌の調子も良くなるので「美人ホルモン」ともいわれています。閉経になると分泌されなくなります。

 

黄体ホルモンのプロゲステロン

プロゲステロンは、排卵後から生理前までに多く分泌されます。肌荒れが起きやすくイライラしたり、精神的に不安定になります。妊娠中のマタニティーブルーは、このプロゲステンの分泌が原因です。他にも体がむくみやすく、自律神経も乱れやすいです。

 

ダイエットに最適な時期

もうお分かりでしょうが、ダイエットに良い時期は、美人ホルモンのエストロゲンが分泌される生理後から排卵前の期間です。

この期間は、気持ちも前向きで体も調子が良いので成果も出やすいので、運動量を増やしたり、食事に気をつけてダイエットに励みましょう。

 

ダイエットに不向きな期間の過ごし方

精神的に不安定になったり、イライラしたり、むくんだりするプロゲステロンが分泌されている排卵後から生理前までは、無理をせずにリラックスして過ごす方が良いでしょう。

特に生理前はイライラして食欲も旺盛になります。そこで、我慢できずに沢山食べてしまうと体重が増加して、リバウンドしてしまいます。食欲旺盛になったり甘いものが欲しくなったりするのは、「セロトニン不足」が原因のようです。セロトニンの分泌が増えると精神が安定してくるので、セロトニンの分泌を増やすことがカギになります。

 

セロトニンの分泌を増やす方法

セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれており、日常生活の中で分泌を増やすことができるのでご紹介します。

生活のリズムを整える

セロトニンの分泌は、ほとんどが日中です。夜更かしをしたりせずに、朝起きて夜はきちんと寝るようにしましょう。生活のリズムを整えることはとても大切です。朝起きたときは、太陽の光を浴びて体内時計をリセットしましょう。また、良質な睡眠もセロトニンの分泌が増加します。

意識的に体を動かす

意識的に体を動かしましょう。ウォーキングやストレッチをしたりすることもオススメです。首を回したり、深呼吸も効果的です。

プリプトファンを積極的に摂る

プリプトファンは、セロトニンを作り出します。プリプトファンを含む食品は、チーズや牛乳などの乳製品や納豆や大豆などがあります。

笑う

笑うとセロトニンが増えるといわれています。友人や恋人、家族と沢山おしゃべりして沢山笑いましょう。そうすることで、ストレスも解消できるはずです。

以上のことに気をつけて、ダイエットを成功させて美ボディを手にいれましょう!

スポンサーリンク