血糖値を気をつけて痩せる!?食生活で気をつける4つのこと

あなたは、血糖値を意識したことがありますか?若い人は、あまり気にしない人が多いのではないでしょうか?血糖値は、ダイエットを成功させるにはとても大事なことなんですよ。なので、血糖値について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

血糖値とは?

食事をすると、血糖値はあがりますが、健康な人であれば、食後2時間もすれば食べる前の値に戻ります。血液中のブドウ糖は、インスリンによって細胞に取りこまれエネルギーになります。血糖値を急激に上げると下がるときも急に下がります。急に下がることで私たちは空腹を感じます。だから、血糖値を急上昇させないようにしなければいけません。

 

血糖値を急激に上昇させてしまう食品

カロリーが高い食べ物が、血糖値を上げるとは限りません。米やパンなどの炭水化物を摂った場合と脂質を摂った場合の血糖の上がり方は、炭水化物を摂ったときの方が上昇します。ご飯やパンなどの炭水化物は、すぐにエネルギーに変わるので血糖値を上げやすいといわれています。しかし、肉や魚などのタンパク質は、エネルギーになるまでに時間がかかるので急激な血糖値の上昇にはならないようです。

 

血糖値の急上昇を予防してくれる食品

葉物の野菜、魚介類、ワカメや昆布などの海藻類、大豆やオリーブオイルなどが血糖値を急激に上がるのを抑えてくれるといわれていますので、これらの食品を積極的に摂りましょう。

 

食事で気をつけること

1.食事で最初に食べるもの

炭水化物を摂れば血糖値は急激にあがります。そして肥満の元であるインスリンというホルモンも大量に放出され、その反動で血糖値も急上昇してしまいます。

まず、食事を摂るときは、血糖値があがりにくい野菜や海藻類をはじめに摂りましょう。野菜の量の目安は、こぶし1~2個分が理想的といわれています。

2.ゆっくり噛んで食べましょう

急いで食べると血糖値が急上昇する原因になります。ゆっくり噛んで食べることで満腹になり食べ過ぎの予防にもなります。

3.冷やご飯で血糖値の上昇を緩やかに・・・

ご飯は炭水化物なので、血糖値が急激に上昇しますが、ご飯を冷すことで血糖値の上昇が緩やかになるようです。炊きたてのご飯は、やわらかいので消化されやすいですが、冷やご飯は消化しにくいデンプンが増えています。消化しにくいことで、ゆっくりとブドウ糖が入ってきて血糖値の上昇が緩やかになります。

4.温かいご飯と良い組み合わせ

やっぱり温かいご飯が食べたいですよね。温かいご飯は、血糖値を急激に上げてしまいますが、ネバネバ成分のおくら、納豆、山芋などは急激な上昇を抑えることができるといわれています。

 

いかがでしたか?そんなに難しくはないですよね。血糖値の急上昇は、ちょっとした意識で随分と抑えられますので、食事の際は意識してみてください。

スポンサーリンク