紫外線が体に及ぼす影響!注意するのは肌だけではありません!

紫外線は一年を通して降り注いでいます。特に、これからの時期から夏にかけて紫外線の量は、どんどん増加していきます。紫外線のことを詳しく知ってしっかり対策をしましょう。

スポンサーリンク

 

紫外線の種類

太陽の光で地上に降り注いでいる「赤外線」「可視光線」「紫外線」の中で、紫外線は波長が短い光になります。波長が短い方がお肌に与える影響は強くなります。

紫外線には、波長の長いものから「UV-A」「UV-B」「UV-C」があり「UV-C」が一番波長が短い光で、紫外線の中で最も有害性が強いといわれています。「UV-C」はオゾン層によって吸収され地上までは届いていませんでしたが、近年はオゾン層破壊の問題により危惧されています。

 

皮膚への影響

地上に降り注いでいる「UV-A」と「UV-B」は、お肌に与えるダメージが違います。

UV-A

私たちが浴びている紫外線の約9割は、UV-Aです。UV-Bに比べると影響も少ないといわれていますが、お肌の真皮まで届くので、真皮にあるコラーゲンやエラスチン線維を破壊してハリや弾力を失わせてしまいます。それにより、シワやたるみの原因になってしまいます。

UV-B

オゾン層によって吸収されるので、地上に降り注ぐ量は少ないのですが、肌への影響は強く、短時間で肌が赤くなり炎症を引き起こします。また、UV-Bはお肌の表皮までしか届きませんが、表皮に炎症や火傷などの肌トラブルを起こしたり、メラニン色素を増加させるのでシミ・ソバカスの原因になってしまいます。他にも、皮膚の細胞のDNAに傷をつけるなど体に与える影響は強いです。それに、傷つけられたDNAを修復することを繰り返す間に、直し間違いが起こって、突然変異が生じることが皮膚がんの原因とも考えられています。

 

目への影響

紫外線は、肌だけではなく目にも影響があります。

紫外線角膜炎

紫外線による目への影響として多いのが、「紫外線角膜炎」です。強い紫外線を浴びることで角膜(黒目)が傷ついて起こります。流涙や充血、目の痛みなどの症状がみられます。

翼状片(よくじょうへん)

眼球結膜(白目)部分の粘膜が盛り上がって、角膜(黒目)部分に侵入していく病気です。網膜の近くまで進むと視力障害にもなります。

白内障

目のレンズの役割を担う水晶体が白く濁ることで、網膜まで光が届かずに目がかすんだり、見え方の質が低下していきます。

 

紫外線対策はしっかりと!

日傘をさす

UVカットの日傘を選びましょう。

帽子をかぶる

つばの大きなUVカットの帽子をかぶりましょう。

サングラスをかける

目を守るために、UVカットのサングラスをかけましょう。

日焼け止めを塗る

日焼け止めには、「SPF」と「PA」と記載があります。「PA」はUV-Aを防ぐ数値を表しており、+が多いほうが防ぐ効果が高いことになります。「SPF」は、UV-Aを防ぐ数値を表しており、数値が高いほど効果が高いことになります。日焼け止めを買うときは、必ず確認をして購入しましょう。

 

紫外線対策に良い食べ物として、ビタミンC(レモン・みかん・イチゴなど)・ビタミンE(アーモンド・ナッツ・ゴマなど)・リコピン(トマトなど)などが良いようです。

 

紫外線対策は、肌だけではなく目の紫外線対策も重要です。しっかりと紫外線対策をして体を守りましょう!

スポンサーリンク