白髪を予防するためには?どうして白髪になるの?

年齢を重ねるにつれ気になってくる白髪。特に女性は、白髪があるだけで、老けてみえるので増やしたくありませんよね。白髪は、30代後半頃から気付く人が増えてくるのではないでしょうか?老けてみられないためにもしっかりと予防をしたいものです。白髪の原因と予防についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

白髪の原因

生まれた毛は無色透明で、メラニン色素によって黒にされ黒髪がのびてくるのです。ですから、元は色素が無い白髪なのです。

なので、黒にするメラニン色素の量が不足すると白髪になります。

メラニンをつくっているメラノサイトという細胞の機能が低下してくると黒にするメラニン色素の量も減ってきます。

 

メラノサイト機能低下の原因

髪を黒にするメラニンをつくるメラノサイトの機能低下の原因は以下のことが考えられるといわれています。

  • 加齢
  • ストレス
  • 栄養不足や生活習慣の乱れ
  • 血行不良
  • 遺伝  など

加齢や遺伝は難しいですが、栄養不足や生活習慣の乱れは、改善できるのではないでしょうか?

改善をして、少しでもメラノサイトの機能低下を防ぎ黒髪を維持しましょう!

 

白髪を予防しよう!

  • 栄養バランスの良い食事を摂る
  • 適度な運動をして血流をアップさせる
  • 睡眠をきちんととる
  • ストレスをためない
  • 手のひらで撫でるように優しく頭皮をマッサージして血流を良くする

 

白髪予防に良い食べ物

ワカメなどの海草類は、メラノサイトの機能を良くする効果があるといわれています。

他には、牛乳・チーズ・乳製品や大豆類は、メラニン色素の元となるチロシンが含まれています。チロシンは、髪を黒にするメラニン色素の原料となる成分なので白髪の改善に役立つといわれています。

 

スポンサーリンク