脳梗塞と脳卒中の違いを理解していますか?脳の病気は色々あります。

脳の病気には、脳卒中や脳梗塞、くも膜下出血など様々な病気がありますが、どのように違うか理解していますか?脳の病気は、たとえ命が助かったとしても後遺症が残ることもあり今後の人生にも影響を及ぼします。早期発見と治療がとても大切になりますので、脳の病気について理解しておくことが大事です。

スポンサーリンク

脳卒中とは?

脳卒中は、脳の血管に異常やトラブルが起きる病気の総称になるので、脳卒中は脳の病気の全体を指すことになります。そして、脳卒中の種類の中に、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などがあります。

脳卒中は、命の危険や後遺症が残ったりと大変恐い病気です。

脳卒中の種類

脳梗塞

何らかの理由で、脳の血管が詰まったり、血のめぐりが低下して脳に酸素や栄養が行き渡らなくなることで、脳細胞が死んでしまう病気です。

くも膜下出血

脳の表面の血管に「こぶ」ができ、その「こぶ」が破れて、脳の表面のくも膜下に出血する病気です。出血量が多いと脳は圧迫され壊れていきます。

脳出血

脳の中の細かい血管が破れて出血する病気です。くも膜下出血は、脳の外傷ですが、脳出血は脳の中の出血です。

脳卒中予備軍チェック

下記に当てはまる人は、脳卒中になるリスクが高い人なので気を付けてください。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心疾患
  • 高脂血症
  • 肥満
  • <喫煙

その他にも、加齢や遺伝、偏食や運動不足などの生活習慣、ストレス、アルコールの飲み過ぎなども脳卒中を引き起こす要因になります。

 

脳卒中の前兆

脳梗塞

  • ろれつが回らなくなる
  • 食事のときに、ハシを落としたり、上手く持てない
  • 足がもつれたり、つまづいたりする
  • 顔の半分がゆがむ
  • 手足に力が入らなかったり痺れたりする
  • 片方の目が見えなくなる
  • 人の言うことが、理解できなくなる など

くも膜下出血

  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 血圧の上昇や乱れ
  • けいれん など

脳出血

突然発症することが多く、兆候がみられないことが多いようです。

少しでも違和感を感じた場合は放置せずに、早めに病院で精密検査を受けてください。

スポンサーリンク